いつまでたっても その日暮らし

50歳手前のおぢさんの散財っぷりを紹介します

完了

iMacのあった机には,Thunderbolt displayとminiが乗っかりました

f:id:hamayatwo:20150329212337j:plain

どうしようか散々悩みましたが,無難な結果となったかな?!?

最後まで外付けHDDの起動ディスク化にこだわり,WDのThunderbolt接続HDDをJBODモードにして起動ディスクにしたんですが(Xbenchの結果を見るとHDDの読み書きは確かに速くなっています),数字ほどの体感はなく,別に内蔵のHDDでいいやと言う気分になってきました

OS,アプリは内蔵HDDで,Thunderbolt接続HDDをiTunesiPhotoのデータと動画変換時の作業用として使用

今まで使っていたFireWire接続HDDは引き続きTime Machine用として

ちなみにTime Machineって外付けHDDも対象にできるのには驚いた。。。

まあ,まだ使ったことないんで,本当に元の環境に戻ってくれるのか分かりませんが

メモリの16GB化が効いたのか,主要のデータを外付けHDDにしたのが効いたのか,今のとこ,使ってみて,遅いな~と感じません

最初のもっさり感はなんやったのか?!?

さあ,アプリの再インストールで完全移行やな

最後に,今回のiMacからminiへの機種変更費用は,

本体68,800円(ポイント3,440円バック)

ディスプレイ84,800円(ポイント4,240円バック)

メモリ増設5,324円

合計158,924円となりました

その他にThunderbolt接続HDDが44,400円(ケーブル込み)

流用できたのはキーボードにマウス,FireWire接続のHDDくらいか。。。

でも,次は本体代だけなんで安くすむはずですが。。。